altan.png

HOME > 共同研究

with-hirodai.jpg

アルタン株式会社と国立大学法人広島大学(大学院生物圏科学研究科、医歯薬保健学研究科)は、植物由来成分や食品添加物を用いた人に優しい抗ウイルス剤の開発を目的として、平成18年より共同で研究を行っております。

hirodai.jpg


種々の植物成分について検討した結果、柿の抽出物(柿渋、カキタンニン)に抗ウイルス効果があることを見出し、平成19年9月25日、第28回日本食品微生物学会学術総会にて、柿渋の持つ抗ウイルス作用を初めて発表しました。

sone1.png

以降の研究により、現在では、柿渋が幅広い種類のウイルスに対して強力な効果を持つ、有用な物質であることが明らかになっています。この研究成果は日本ウイルス学会学術総会、日本食品微生物学会学術総会において随時発表しております。※学会での発表詳細においてはアルタンホームページにて詳細をご覧ください。



研究の成果として2012年9月 抗ノロウイルス剤、およびこれを含有する組成物として共同特許を取得いたしました。 特許第5092145号

totsukyo.jpg

中華人民共和国、アメリカ合衆国、カナダ、ヨーロッパ(EC)、ベトナムでも特許取得済みです。